CAS file.6-05 瀬川優「ハーブティーとマングース」

CAS:file.6:05:TOKYO:瀬川優:ハーブティーとマングース

ハーブティーとマングース (3:44)

作詞・作曲:瀬川優

ハーブティーを飲んだ
押し付けられて買ってしまった
ハーブティーを飲んだ
知らない味がした

キッチンの片隅にポツンと置かれたそれは
いつも無視されていたんだ
一度は目があって  でもすぐに逸らされて
存在してないってことにされていたけど

自分の都合でもってきて
都合悪くなったら無視をして
勝手に期待してくれんなよ
勝手に失望してこないでよ

あなたのために生きていないし
あなたのおかげで生きてもないよ
勝手に期待してくれんなよ
勝手に失望してこないでよ

ねぇ、知ってた?
隣のクラスのあの子、ハブられてるらしいじゃん
少し考えて答えた
「ごめん、知らない」って

都合悪いもの  面倒くさいこと
全部全部無視をした
知ってるくせに、気づいてるくせに
全部全部無視をした

全部全部無視をした
全部全部無視をした
知ってるくせに、気づいてるくせに
全部全部無視をした

知ってるくせに、気づいてるくせに
自分がほんとは気づいてることに

自分の都合でもってきて
都合悪くなったら無視をして
勝手に期待してくれんなよ
勝手に失望してこないでよ

あなたのために生きていないし
あなたのおかげで生きてもないよ
勝手に期待してくれんなよ
勝手に失望してこないでよ

ハーブティーを飲んだ
押し付けられただけ
ハーブティーを飲んだ
知らないふりをした
クレジット

Performed by 瀬川優
Photo by 諷
Recorded & Mixed by takumi
Produced by PiSTUDIO
コメント

自分たちの都合を押し付けてきて
都合が悪くなったら掌を返して
勝手に期待してきたのはそっちなのに
失望したよって

ふざけんな

そう思うけど。
どこかで自分も同じことをしてしまっている気もして
都合悪いことから目を背けて
現実に背を向けて、過去から逃げて
きっと今日も明日も私は都合のいい人間だ

矛盾は認める、矛盾してるもんだと思う

ただ、生きていることそれ自体を誰かのせいにして、押しつけて、そんな生き方はしないで欲しいなって願いです

この歌は私が世間に、自分自身に
そしてあなたに訴え掛けるための歌です

瀬川優

プロフィール

東京都出身。
2018年3月、初めてギターに触れる。
部活動や高校の勉強、受験勉強の合間に息抜きのつもりで弾いていたギターに没頭。
9月に下北沢で初路上ライブを行いライブ活動に興味をもつ。
その後進路を再考し、働きながら音楽活動をしていきたいと思い、今に至る。
2019年1月よりライブハウスでの活動開始。
18歳シンガーソングライター。

アーティスト情報

http://cas.pih.jp/segawayu/


ブックレット